月別アーカイブ: 2016年12月

耐熱性のあるポリカーボネートは調理器具の素材向き

ポリカーボネートは高温や低温など温度に強い性質があるため、調理器具や食器に使われていたりすることがあります。調理器具は調理の過程で自然と熱を加えられたりすることがありますので、そのとき耐熱性があるかどうかは非常に重要です。もしも耐熱性がなければ熱を加えらることによって溶け出してしまうなど、使い物にならなくなってしまうかもしれません。それでは調理器具や食器として役立っていないですし、安全面で問題があります。ですが、たとえ熱を加えられたとしても特に何も問題がなければ、安心して使い続けることができます。

このことから食器類はもちろんのこと、ミネラルウォーターを入れるボトル、さらには計量カップや箸など、その用途は多岐に渡ります。やはり耐熱の問題は調理をするうえで欠かせないので、耐熱性がある素材とない素材では使い勝手がかなり変わってきます。私もよく水を測るときに計量をカップを使うのですが、耐熱性のあるポリカーボネートの計量カップならお湯でも測れます。麺料理を作るときはお湯から沸騰させればガス代の節約になりますので、そのためにポリカーボネートの計量カップが欲しいと思っています。

計量カップの場合はステンレスなど他で代用がきくのかもしれませんが、それでも重くないというところにポリカーボネートの良さがあります。重くなってしまうとどうしてもその扱いを慎重にしなければならないため、その分神経を遣います。それはほんの些細な違いかもしれませんが、料理を日常的に行う人なら感じる負担はだいぶ変わるはずです。

計量カップだけではなく食器や箸にも同じことが言えますし、ポータブルのコーヒーメーカーやミキサーも同様です。やはり耐熱は調理をする過程においてとても重要ですので、そこがケアされている調理器具を持っていれば調理するのがグッと楽になるのは否定できません。それらの調理器具をたまにしか使わないのであれば、耐熱性だけではなく価格やデザインにこだわって買っても良いのかもしれないです。ですが、ほぼ毎日使うような調理器具ならそういうわけにもいきませんので、できればポリカーボネートのように素材にこだわり、使いやすさ重視で調理器具を買ったほうが良いです。そうすることで調理にかかる時間が短縮できたり、手間を省けたりなどさまざまなメリットがありますので、調理器具を買うときは気をつけたいです。ですので、調理器具を買うときはポリカーボネートのことを気にしておくべきです。

ポリカーボネートで身近な製品とは?

・ポリカーボネートとは?
ポリカーボネートは有機ガラスとも呼ばれる、熱可塑性プラスチックの一種です。可用温度が−100 °C~+180 °Cまでと、地球上の通常の自然界の気温や地温には十分に耐える耐熱性を持っています。透明性が高く、耐衝撃性や安定性にも優れており、耐衝撃性については一般ガラスの250倍以上もの結果を出しています。航空機や軍事製品、医療機器などに利用されますが、身近なものでポリカーボネート製品はどんなものがあるでしょうか。

・食器類では身近に
透明だけれど重さが少なく、しかも落としてもガラスのように割れないという利点があって、食器類にポリカーボネート製品は目立っています。たとえば飲食店でコップとして用いられていますし、自宅でもポリカーボネート製の器はよく利用しています。透明なものだけでなく、色がついて透明でないものもあります。簡易なタイプの水筒を使っているという人もよく見かけます。

・文房具ではこんなところに
ボールペンやシャーペンを毎日使っているという人も多いですが、手に持つ軸の部分がポリカーボネートになっていることがあります。また、ノートによっては輪っかで束ねられているタイプがありますが、輪っかの部分がポリカーボネートというタイプのノートも見かけます。普段はまったく意識しないところにも使われています。

・旅行のお供にも
旅行の際にはスーツケースやキャリーケースを持っていきます。そのとき大きさがあるのに随分と軽いケースがありますが、ポリカーボネートが使われているからこそでしょう。スーツケースには耐久性や軽量化が求められますが、ポリカーボネートは用途にぴったりというわけです。デザイン製にも優れたものが多く、もちろんスーツケースなので透明ではありません。持ち運ぶのが楽な軽さを第一に考える人にもピッタリです。

・温室の外壁と屋根に
ガーデニングや畑仕事が好きで、庭に温室を置いているという方もめずらしくありません。壁面と屋根が透明な温室は、日光を取り入れる効果が大きくなりますが、柔らかいビニールハウスだと破損しやすくもあります。ポリカーボネート製の温室ならば、太陽の熱にも耐えるし強度が十分にあるということで、植物を育てることに向いているのです。透明だからこそ外側から温室の様子を確認できて、お庭のアクセントになったりもします。自宅の庭に温室を置く場合にはポリカーボネート製を検討してみると良さそうです。